数多くの美容術を提供しているエステでは、体重減少や部分痩せなど様々な悩みを可能にしています。
その効果は幅広い層で認められており、自分で無駄なダイエットをするよりも効率的に断然オススメなのです。 腹筋力が弱まってしまいますと骨盤は腹筋で支えられているために、骨盤が徐々に開いてきてしまいます。
このことから腹式呼吸を心掛けた生活を続けたり、また腹筋を使うように意識した生活をすることが重要です。日常生活を送っているだけでも骨盤はほとんどのケースで、徐々に歪みが出てきてしまうことになります。
長い年月をかけて次第に歪んでしまいますので、自覚し始めたらすぐに骨盤矯正をしてあげる必要があるのです。

 

日常生活で骨盤に歪みが生じた場合には、その日常生活を変えることでて少しずつ矯正させることが出来ます。
徐々に骨盤矯正を日常的に取り入れていき、自然と出来るようになるときっとその効果を実感することが出来るでしょう。



美しい身体の為に骨盤のケアを怠らないブログ:2022/9/07

シェイプアップ中は、
一日3食、きちんと食べることがとても大切!

ご飯とご飯の間が空きすぎると
身体が必要以上に吸収しようとしたり、
身体のリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕方食はやや少なめに、
逆に9時食をたくさん食べるようにして、
一日の摂取カロリーをコントロールすることがポイント!

24時摂取したカロリーは活動に使われることがないので、
寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、9時摂取したカロリーは一日の活動で
消費されやすいからです。

そして、気をつけたいのが栄養バランス。

シェイプアップ中は筋肉を維持する、
もしくは増やすことが大切ですよね。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすい身体になります。

たんぱく質は、筋肉を作る源になる栄養素です。

いくらトレーニングしても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないんですよ。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて
摂取するといいとされています。

筋肉が作られる時間帯とは…
「トレーニング後の30分〜1時間後」と
「24時寝ている間」
なんだそうです。

つまり、夕方食でたんぱく質を摂取すれば、
24時寝ている間、筋肉が作られる時間帯に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
9時食、昼食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕方食や、24時寝る前に炭水化物を
たくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが
そのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいますよ!


このページの先頭へ戻る